Mad博士(予定)のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Key」のゲームをプレイしてみた Vol.4

<<   作成日時 : 2009/07/05 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「Air」完全クリア完了しました。感想と、感動したーーーーーー!
って感じです。というか「観鈴」ルート切なすぎです。まあ、往人の法術で延命はできたが、結局最後には死んでしまうのは少し切ない感じがします。晴子の心情にも心動かされました。なんで今まで、こんな名作を放っておいた自分が恥ずかしい、くらいに感動しました。これは、テレビ版のやつも観たほうがいいかなと思うので、8月になったら見たいと思います。全話を1日で見る勢いで!
あと、補足として、過去編「Summer」について少し触れておきます。なぜ、観鈴にこのような症状がかかったのかが説明されてました。大昔に、祖先である翼人が最愛の人らを守るために自らをおとりにして逃し命を落とした。しかし、その前に法師による強力な呪いをうけてしまった。それが、「原因」だった。この最愛の人らであるボディーガードである柳也と付き人である裏葉は生き残っていた。2人は神奈の行方を求めていた。しかし、それ以前に追った背中の傷と翼人(神奈)にかかった呪いの影響で弱っていく柳也。そこに、ある日僧が尋ねてくる。そこで、神奈は死んだことが分かった。しかし、裏葉は以前より声を聞こえていた。そのために、裏葉は僧たちから「方術」を習うことになった。そして、ついに降霊の術まで使えるようになり、試してみると、神奈は今も空の上で苦しんでいることが分かる。しかも、月日が経って、輪廻転生してもその呪いが消えることがないことも分かり、最低でも100年かかるらしい、転生するのにも。そのため、柳也と裏葉は自分の子供を作り未来へと繋げた。この、「神奈」の生まれ変わりが「観鈴」であり、柳也と裏葉の子孫が「往人」だというのが分かったくらいだと思います。
まあ、深い感想を述べると「Air」は家族の絆というのもメインに置かれていたと思う、後半は。さらに、往人がカラスになって過去に戻り、観鈴のそばにいたことで、いままで、観れなかった部分が見えてきて面白かった。あと、ポテト対そらは笑えました。
まあ、言いたいことは、感動したということです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


「Key」のゲームをプレイしてみた Vol.4 Mad博士(予定)のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる