Mad博士(予定)のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「GAU 永劫回帰の刻」攻略日記5

<<   作成日時 : 2009/03/17 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ようやく全てのシナリオをクリアしました。なぜか、カルーアのCGが1枚足りないので、また1週間後くらいにやりたいと思います。
プレイして感想ですが、毎回人物のグラフィックを一新しているのは凄いと思いました。最終作の近作の一番いいと個人的には思っています。しかし、個人的にこの終わり方は少し微妙な気がしてなりません。Tの方の終わり方がかなり完璧に近い終わり方だったので、Uの終わり方はまだ続きがあるのか、と言う感じで終わっていた感じがしてならないです。もしも、Vを出すとするなら今度は、100年後、もしくは、新しい世界観で作った方がいい気がします。数字がついていると前作をどうしても気にしてしまいがちだからです。全体のシナリオとしては面白いと思いましたが、ヒロイン1人との絡みが少なくなっているため、何度もプレイするので、飽きを感じると思います。次、作るときは、もう少し個別シナリオが欲しかったと個人的には思いました。
「なぜなにGAU」の出し方は、クリアすることです。リコとアニスで1つ、カルーアで1つ、ナノナノで1つ、リリィとナツメで1つ、全員攻略で1つでます。リコとアニスは自分の能力について、カルーアはカルーアとテキーラの魔法の適正について、ナノナノは語尾に「なのだ」とつける理由について、リリィとナツメは自分の生まれについて、最後のはゲートキーパーについての説明です。
ここで、固有シナリオについてのネタバレがします。
リコルートについてだが、リコは多数の聞き間違えからカズヤとリコの結婚疑惑が出てくるとという話でした。艦底部の自爆後、一部が星に落下すると判明した。艦底部の一部の破壊後、その噂は艦内中に広まってしまっていた。カズヤとリコは必死に誤解を説いていくが、カズヤの「リコとは結婚しません」と言う言葉を何度もそばで聞くうちに、リコの我慢の限界を向かえ、カズヤを殴ってしまう。と言うのが、第9章の内容です。ラストは、救出された時に髪飾りをなくしたので、、ミルフィーの髪飾りをつけたリコを見ることができます。
リリィのルートは、クッキーの入っている培養槽が割れ、カズヤを守るためにリリィが触れクッキーに自我を持っていかれてしまう話です。リリィの場合、手にサンタローザの燐粉がついていたため、妖精になったリリィが出来ます。不自由になったリリィにカズヤは自分がリリィさんを守ると言った。その後、妖精の長の協力のおかげで、元に戻ることが出来た。ソルベに損傷させられたルクシオールの底の部分が星に落ちてしまうコースのために、カズヤとリリィとステリーネさんでそこに行き、修理に行くことになった。無事修理が終わったが、帰る途中に事故が発生した。エアロックが締まる前にカズヤはリリィをエアロックの向こう側(シャトル側)におし、リリィは助かったがカズヤは閉じ込められてしまった。リリィは剣でエアロックを切ろうとするが、剣を忘れていたことに気付いた。そして、ステリーネさんとリリィさんの2人であけることに成功するが、リリィさんは自分が帯剣し忘れたためカズヤを助けられなかったと部屋に閉じこもってしまった。後は、他のヒロイン同様女神にするべくしてきたセレアにさらわれてしまう。ラストはコンタクトとはずし、髪型を変えたリリィさんが見えます。5章で、セルダールの人間に自分が赤眼の民と知れてしまったこととソルダムが彼らとの壁をなくすことを誓ったこともあり、自分を偽ることをやめたことが分かります。
ナノナノは、クッキーの培養槽が壊れた時に、ナノナノを庇いカズヤが触れた。ソシテ、カズヤとナノナノのDNAを持った個体となった。これは、以前カズヤが死んだ時(絶対領域の扉)、蘇生したときのナノマシンがカズヤの体に残っていたかららしい。ナノナノルートもリリィと同じで艦底部を直そうとするシナリオです。艦底部はクッキーの力で治ったが、重力を発生させたときに事故がおきて、脱出には成功するが、シャトルに破片が当たり、星に落下しそうになった。しかし、シャトルはこのまま行くともたないと感じたクッキーはシャトルの外にでて、シャトルを修理。落下後、クッキーは元の状態に戻っていた。そしてナノナノが部屋に篭り、以下同文。ラストは、クッキーが目覚めた後に、体も大人の状態に変化したナノナノ。口調も「なのだ」をつけなくなってました。最初からその格好だったら良かったのにと個人的に思いました。
カルーアテキーラルートは、クッキーの培養槽が壊れたときに、カズヤを庇いテキーラの人格がクッキーに移ってしまう話である。つまり、カルーアとテキーラが実体を持って2人いるということである。その後、3人でスプライトに休暇を過ごす。その時に、カルーアはテキーラに嫉妬を感じてしまう。艦底部の自爆後、一部が星に落下すると判明した。艦底部の一部はカルーアとで破壊するものである。その後、1つの体に戻ったテキーラ。その時に、テキーラはカルーアに対して気遣っていることが分かり、余計に負い目を感じてしまい部屋に閉じこもってしまい以下同文。ラストは、光の月破壊の時に、カルーアとテキーラの合わさった新しい人格「ベリータ」が生まれたことが判明する。
アニスルートは、スプライトで呪術師の遺跡に行くと言う話です。そこで、カフカフの木を発見する。その木の実と食べたアニスは気絶することになる。目覚めたアニスの性格が女っぽくなってしまった。その木は呪われていて、食べた人の精神的の性を変えるものらしい。アニスは男らしかったので、女っぽくなってしまった。結局、3日はそのままだったが、艦底部の一部を破壊する時に紋章機に乗ったときにいつもの動きが出来なかったので、リリィさんの錬操剣で正気に戻した。そして、アニスは艦底部全てを破壊した。しかし、女っぽかったときの記憶が残っていたため部屋に閉じこもってしまっていた。ついでに、その時にカズヤのことを「ダーリン」と呼んでいた。後は、他のヒロインと以下同文。ラストは、ケルビムから預かったアニスの母親(マサラ)の服を着ています。前にしていた髪飾りが母親の形見であったことも判明しています。貰った時に着なかったのは、その服に合う上着が無かったかららしいです。
ナツメルートは、アニスと同じくスプライトの遺跡に行くという話です。今回はカズヤが呪われます。気持ち悪かったために、リリィさんに一瞬で解呪される。そのことについてはカズヤは礼を言っていた。この後に回りのエンジェル隊にカズヤとは主従の関係みたいだと言われ、カズヤへの態度を改める。カズヤのことを「ご主人様」と呼んいたりと、カズヤとナツメの関係が逆転した感じでした。その後、艦底部を直しに行くことになる。そして、直せないと分かり、自爆させることにしてが、そこで事故が発生。エアロックが閉じたが、ナツメはカズヤを押して、自分も勢いをつけてエアロック内に入ることに成功した。しかし、エアロックに服を挟まれ、破かざるを得ない状況になり、時間も無かったためカズヤが服を破り、即座に自分の上着を着せた。しかし、元公女だっため人前で、肌を見せたり、服を脱ぐというのは禁忌だったらしい。少し落ち込んでしまい、部屋に閉じこもってしまった。後の展開は他のヒロインと同様です。ラストはナツメが新しい制服を着てます。肌をかなり露出している制服になっていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


「GAU 永劫回帰の刻」攻略日記5 Mad博士(予定)のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる